エニアとヒプノで自分を好きになる

自己肯定感が低かった二人の子供を持つワーキングママがエニアグラムとヒプノセラピーによって変化していくストーリー

2017年を振り返って

今日は大晦日。

あっという間の1年でした。

 

せっかく大晦日なので、1年を振り返ってみようかと思います。

 

6月に仕事復帰を果たしたのですが、

前半は復帰前で「今のうちに!」と色々と自分の興味のある所にひたすら顔を出していました。

 

そこで、数秘&カラーを学んでみたり、

ヒプノセラピーを学んでみたり、

エニアグラムと出会ったのも育休最後の辺りでした。

 

他にもたくさんの人と出会えたのは育休中でしたね。

 

 

 

仕事復帰後は、少ないお休みながらも少しずつ好きな予定は入れつつ、

でも時間がないことが何よりもどかしくて。

 

そんな時間がない中でも手作りコスメコースに通って、

さらに身の回りのことに気を使うようになりました。

 

 

エニアグラムはオンライン授業を受けつつ、

自主的に本も調べながら勉強して、けっこう理解も進んできました。

 

ヒプノセラピーはできるようにはなったけど、

まだ数人にしかさせていただいていないので、少し進捗は遅いです。

 

 

そして、一番大きな変化はブログを始めたこと。

 

これまでは1人の世界で完結していましたが、

こうやって外に発信することは私にとっては大きな変化でした。

元々はおひとり様大好きですしね。

 

自分のことを世間様に公表するなんざ、

昔の私にはできなかったですよね。

 

今はこうしてブログを書くこと抵抗を感じなくなりました。

 

 

様々な出会い、学び、気づきを経て、

この1年で気持ちの面も変わってきたのを感じています。

 

以前の私は自信がなくて、

自己肯定感が低くて、

人とのコミュニケーションが苦手でした。

 

でも、今は周りから「きれい」「かわいい」などと言われる機会も増えてきて、

しかもその言葉も受け止められるようになりました。

 

前だったらキレイと言われても「いやいやそんな」と返していたでしょうが、

今は褒められると「嬉しい」「ありがとう」などと返せるようになってきました。

 

外見面ではパーソナルカラーを知ったことで自分に似合うものがわかったので、

自信をもって服をチョイスできるようになり、

実際ファッションで褒められることも増えました。

 

お化粧も手作りコスメを使うようになり、

自分で選択したものをつけていることで

自分のセルフイメージを上げている感じがします。

 

苦手感があったコミュニケーションも、

エニアグラムを知ることで納得でき、必要以上に自分を責めなくなりました。

そして、心配する回数も減り、出てきた心配からも逃れられるようになってきました。

 

 

そのおかげで仕事をしながらも

毎日心身共に健やかに過ごすことができています。

 

 

ですが、正直、毎日時間に追われています。

フルタイムで仕事をしながら、家のこともこなし、

自分の時間を持つことってかなりきついです。

 

早起きして、どうにかブログだけは書こうと決めたのですが、

実際は書けない日もありましたし。

 

本当はまだまだ学びたいことがたくさんあるので、

もっともっと時間が欲しいです。

 

今日なんて、大晦日なので世間では休みでしょうが、

うちはサービス業なのでいつも通りに仕事ですしね。

もちろん元日も仕事です。

 

 

横目で携帯をいじったり、テレビを見たりしている主人を見て、

連休なんだからもっと自分のためになるように

有意義に過ごせばいいのにと思ったりもしますが、

これが今の日本人のスタンダードなのかもしれませんね。

 

空いた時間はスマホで時間をつぶし、テレビを見て、

漫画は読むけど、本は読まない。

 

そういう人が多いんでしょうね。

 

 

私はそういう環境から抜け出したいと思っています。

自分の未来に向けて時間を投資したい。

 

このままなんとなく流されるように生きていくのは嫌です。

自分で未来を選択したいと考えています。

 

今はまだ時間がないのが一番の課題ですが、

絶対に自分のための時間をもっと増やし、

自分のために時間を使っていきたいと思っています。

 

そのためには行動あるのみ。

 

はじめの一歩としてゴールを作ります。

ちょうど明日は元旦ですし、大きなゴールをもう一度決めます。

そして、1年でやるべきことを明確化させたいと思います。

 

 

こんな私のブログを読んでいただけたこと本当にありがたく思います。

来年ももっともっと学んで、

そして学んだことをアウトプットしていきたいと思います。

 

もし興味があればまたお越しくださいね。

 

 

今年も1年ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。