エニア+ヒプノ+αで豊かな未来を創造しよう@新潟

自己肯定感が低かったあの頃。エニアグラムやヒプノセラーを通じて大きく変わりました。豊かな未来へ向かって爆進中です。

年初にはゴールを決めよう  

 

年が変わりましたね。

斐です。

 

2018年になりました。

今日は1月2日。

 

私は年中無休のサービス業の会社に勤務しているので、

年末年始も関係なく仕事です。

 

となると、あんまりお正月感というものはありません。

せいぜい食事が豪華になるくらい。

 

長男の嫁のクセに、仕事を理由に全然食事の手伝いなんてしてないですけど(笑)

ただ主人の実家にてお相伴にあずかるだけ。

 

一般的にはダメな嫁ですけど、義母はもてなしが大得意。

 

義母はタイプ2なのでなんでも自分がしてあげて、

それがまた喜びの人だから余計な手を出さないのが正解なんですよ。

 

 

さて、私も今年が始まるのに合わせてゴールを再設定しました。

 

長期的な大きなゴールと自分の憲法を決めました。

そこから今年1年でやることを一つに絞って考えました。

 

長期的なゴールとは数十年後の自分がどうなっていたいかというもの。

これはどんなゴールでもいいので、自分が憧れる姿を思い描いていいんです。

 

数十年後の自分がどうなっているかなんて誰にもわかりません。

神様にもわかりません。

 

だって、これからの未来には無数の選択肢があって、

いろいろな状況も重なって作られていくので、

どんな可能性もあるっていうことです。

 

作ることのできない未来なんてないんです。

 

ゴールを決めることで自分のこれからの進む道が見えてきます。

 

逆にゴールがないとどこに進んでいったらいいかがわからないので、

いちいちその場でなんとなく選択肢を選んでいくことになってしまいます。

 

もしそうなっていくと、

自分の未来はなんとなく場当たり的な選択肢で選ばれていくので、

なんとなくの未来にしかならないです。

 

自分の未来は自分で作ることができる。

 

 

なぜならゴールが決まれば、自分で選択肢を選ぶことができるし、

行動にも移すことができるので自然と望む未来につながりやすくなります。

 

なんとなくこうなりたい姿はあっても

普段なかなか本気で未来を思い描く時間がとれなかったりします。

 

そこで年初というタイミングでゴールを決めるというのが

一番わかりやすくておすすめ。

 

昔の人はそれが分かっていたから新年には

その年のはじめには抱負を決めるという文化が日本には残っているのでしょうね。

 

しかも思い描いているものを紙に書くというのがいいです。

 

頭で思い描いているだけではぼやけていることも、

紙に書くことで整理できますし、

明確に絞ることもできるし、

何より書くという行為によって潜在意識にも届きやすくなります。

 

まだ目標を立てていない方がいたらぜひやってみてください。

 

私は目標が決まったら気持ちが引き締まって、

シャキッと背筋が伸びた感じです。

 

やるぞ!!という気がみなぎってきましたよ。

 

そのせいか目標を立てた昨日の1月1日。

会社に出勤したとき、昨日は朝からパワーがみなぎり、

上司に進んで挨拶に行ったり、

朝から進んでそうじをしたり、

自然と行動が変わっていました。

 

行動が変わると自分の気分もいい感じ!

 

こんな感じで今年も1年パワーアップしていきたいと思います。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。