エニアとヒプノで自分を好きになる

自己肯定感が低かった二人の子供を持つワーキングママがエニアグラムとヒプノセラピーによって変化していくストーリー

大量の小銭を難なく両替してもらう方法・ゆうちょのあるだけ入金は便利!

我が家では年末の大掃除の際、主人の実家の前住んでいた部屋から

大量の小銭が出てきました。

(ほかにもエロビデオとかもね(笑))

f:id:kenkoumama:20180126044258j:plain

 

ほとんどが1円玉なので、このまま使っていくにはちと量が多すぎる・・・

やっぱりお札に両替してもらおうということになりました。

 

 

今は銀行で両替してもらうには手数料がかかります。

50枚までなら無料ですが、51枚以上500枚以下なら300円かかるのが一般的のようです。

せいぜい数千円レベルのものに手数料はかけていられない。

この方法は却下。

 

 

両替だと手数料がかかりますが、

いったん口座への入金をしてしまえば手数料はかかりません。

 

硬貨入金に対応しているATMであれば、ATMでもOK.

ただし、枚数制限があるので何回かに分けて入金しなくてはなりません。

 

けっこうな枚数があるので、案外混んでいるATMを占拠して、

硬貨を入金するのはかなり気が引けます。

鉄の心臓があればできなくもないでしょうけどね。

 

私にはできそうもありませんし、何より時間がかかりそうで面倒くさい。

ということで却下。

 

じゃあ、ATMでなくて銀行の窓口で入金してみたらどうなのでしょう?

一般的な銀行での硬貨の入金については、

入金する金額を用紙に書いてからださないといけないとのこと。

 

ということは事前に金額を数えてからいくってこと??

あれだけの小銭をいちいち数えるなんて考えただけで頭が痛くなりそう・・・

ではこの方法も却下。

 

 

そして、いろいろ調べていくとついに簡単な方法に行きつくことができました。

 

それは

 

ゆうちょのあるだけ入金。

 

 

ゆうちょでは銀行と同じく硬貨での入金ができますが、

ほかの銀行のように先に金額を書いていかなくても

なんとその場で小銭を数えてくれるそうです!

 

それは一度試してみないと。

ということで早速いってみました。

 

 

検証先は地元の郵便局。

田舎なので小さな郵便局です。

 

そこにビニール袋に入った小銭を持ち込みます。

 

窓口のおじさんに「あるだけ入金ができるようならお願いします。」

一瞬曇った顔をしましたが、すぐに意味を理解したようで

「あぁ、口座への入金ですね?それならできますよ。

通帳はお持ちですか?」

「はい持ってきました」

「では」

と小銭が大量に入った袋を手渡します。

 

ここで気になるのは、一見怪しい記念硬貨

f:id:kenkoumama:20180126044141j:plain

よくみると「日本国500円」と書いてあるので使えるものではあるみたいなのですが、

昭和60年つくばEXPOと昭和63年青函トンネル開通のもの。

f:id:kenkoumama:20180126044212j:plain

さすがに古いし、だめかもな・・・と思いつつ、

記念硬貨もあるのですが大丈夫ですか?」

「入れてみてだめならわかりますのでやってみますね」

記念硬貨ごと渡しました。

 

しばらく席で待ちます。

様子を見ていると、硬貨を一気に数える機械があるようでそこに小銭を一気に入れていました。

じゃらじゃらお金を数える音がして、5分くらい待ったところで数え終わった様子。

 

「終わりましたよ」

気になる金額は・・・

記念硬貨も入りまして

3505円です!」

 

おぉっ!思ったよりたくさんだった。

記念硬貨があったおかげでだいぶ稼げましたww

 

その金額を入金するための用紙に記入し、通帳に入れてもらいます。

あらあらこれは手間なく便利だわ。

 

これですぐ引き出すことも出来るし、ゆうちょのあるだけ入金は便利!

もし貯金箱などの小銭をどうしようか迷ったら

ぜひゆうちょのあるだけ入金を試してみてくださいね!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。