エニア+ヒプノ+αで豊かな未来を創造しよう@新潟

自己肯定感が低かったあの頃。エニアグラムやヒプノセラーを通じて大きく変わりました。豊かな未来へ向かって爆進中です。

エニアグラムタイプ7の統合

 

今回もエニアグラム的に統合するとどうなっていくか見てみたいと思います。

 

統合にはそれぞれ動きが決まっています。

エニアグラムの図を見ると矢印が書いてあるのですが、

その矢印の方向が統合の方向になっています。

 

3→6→9→3・・・

1→7→5→8→2→4→1・・・

 

の方向に成長してくのです。

 

今日はタイプ7の統合についてです。

 

【タイプ7の統合】

 

「タイプ7はタイプ5に向かう。」

 

いつもスピードに乗って、頭をフル回転し、様々な楽しい体験を望むタイプ7.

 

そんなタイプ7は

スピードを落とし、頭の速さを静めることを学ぶことで

自己実現し、健全さを保つことができます。

 

まるで健全なタイプ5のように、自分が受けた印象が深く入ってくるようになります。

 

統合しつつあるタイプ7は、

並外れた体験や気晴らしを追求することに必死になることもなく、

観察や体験したことを十分味わい、

自分自身や周りの世界についての驚くような事実も発見することになるかもしれません。

 

すると、タイプ7の心が求めている導きをもたらし、

生産性や創造性を高めることになります。

 

タイプ7はタイプ5のように、

より静かで、集中した思考を育てることで、

自分自身の本質的な導きに近づくことができます。

 

すると、どの体験が真の価値をもつのかわかるようになります。

 

ただただ自分の求める何かを探し求めるのではなく、

何をしたらいいか知っている状態になります。

 

この状態で現実を探求することで、タイプ7の自由や情熱を失うことはなく、

一瞬一瞬をもっと自由に味わうようになれるのです。

 

ただし、通常のタイプ5のように振舞おうとしたところで統合に向かうわけではありません。

 

タイプ5のように思考し、

感情を切り離し、人からのニーズに対処することへの不安を持った中では

自分を見失ってしまい、タイプ7の騒々しい思考をさらに悪化させてしまいます。

 

また、無理に意識を集中しようとしても、

思考を抑圧することになるのでそれもうまくいかないことが多いでしょう。

 

タイプ7が思考を静め、実は心に抱えている不安を受け入れることを学ぶことで、

健全なタイプ5のように明晰で革新性に溢れた、洞察力を身につけることができるようになります。

 

常に楽しいことを求めているタイプ7.

でも経験することにばかり目が行きがちで、

十分にその体験を味わうことや、

身体や感情の変化に気づくことがなかなかできません。

 

否定的感情についても目を向けずに逃げ出してしまうこともあるでしょう。

 

でも、感情を味わうこと、受け入れられるようになることで

いろいろなものに対して充足感や満足感も得られるようになっていきます。

 

元気で明るく活動的なタイプ7。

思考が働きすぎな状態なので

たまには瞑想などをして思考を静めることもとても効果的だと思います。

 

それでは今日はここまで。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。