エニア+ヒプノ+αで豊かな未来を創造しよう@新潟

自己肯定感が低かったあの頃。エニアグラムやヒプノセラーを通じて大きく変わりました。豊かな未来へ向かって爆進中です。

エニアグラムタイプ7へのアドバイス

エニアグラムはすべての人は
9つの性格タイプに分かれるというものです。

大きくは9つのタイプなのですが、
実際には左右どちらかのタイプに寄っていて
(ウイングといいます)
その強弱によっても変わりますし、
同じタイプの中でも健全度によっても印象が変わります。

なので、9つとはいっても
もっと大きな枠で上下左右に人の性格をとらえることで、
その人のことを理解しやすくなります。

そんなエニアグラムですが、
今回はタイプ7の人へのアドバイスを書いていきたいと思います。



エニアグラムタイプ7へのアドバイス

・自分の感情をもっと深く感じてみましょう

タイプ7は否定的感情に対し、
気づいてはいながらも先に行きたがって
中途半端に対応してしまいます。

どのような感情であってもそれを十分に感じるということは、
人生における体験を豊かにし、
喜びや幸福についてもさらにリアルに感じられるようになるでしょう。

感情が動いたときは、それをどこで感じるか探ってみてください。

悲しみとはどんな感じ?
どこで気づきますか?
胃?胸?顔?

十分に味わってみましょう。




・普通であることの喜びを感じてみましょう

タイプ7はどうしてもおおげさな現実を求めがちです。

物事に対し、
並外れた輝かしいもの、
エキサイティングで刺激的なもの
であってほしいと思っています。

ですが、自分がしっかりと
「今ここ」に根差していれば、
日常のどんなことでも充足できる体験になります。

瞬間瞬間が、
驚きと喜びの源であることに
気づくことができるようになります。

どうしてもタイプ7は自分を楽しませたいという欲求によって、
求めている充足感が得られないことが多いです。

ですが、過去を振り返ってみるとどうでしょう?
どんな瞬間が生き生きとし、充足していましたか?

必ずしも興奮することばかりではなかったのではないでしょうか。
興奮だけでない何かでも満足感が得られること、
それに気づくことで変わることができます。



・瞑想をしてみましょう

思考を静めるために瞑想はとても効果的です。
瞑想を始めると、
自分の頭の中がどれだけおしゃべりなのか気づくことができるでしょう。

またタイプ7は瞑想を終える時にパッと終えてしまう傾向にあります。

瞑想を終える時にも自覚を保つよう心がけましょう。

瞑想による内なる静けさをそのときだけでなく、
その日の行動に中にも持っていけるようになるといいでしょう。


タイプ7は大半の人よりも幸福で元気に満ちている傾向にあります。

ですが、それが性急な印象にならないよう
地に足ついた行動を心がけましょう。

それでは今日はここまで。
ここまで読んでいただきありがとうございました。