エニア+ヒプノ+αで豊かな未来を創造しよう@新潟

自己肯定感が低かったあの頃。エニアグラムやヒプノセラーを通じて大きく変わりました。豊かな未来へ向かって爆進中です。

新しい自分が開花:やぶちゃん合宿に行ってきました①合宿にいくまで

今日のタイトル
「やぶちゃん合宿に行ってきました」

とありますが、誰が見てもはじめに
「やぶちゃんって誰よ?」
って思いますよね。

やぶちゃんとは
f:id:kenkoumama:20180930051132j:plain

こんな一見いかついおじさま。





はじめてやぶちゃんのことを知ったのは昨年。

きむさんとの出会いから。

きむさんっていうのは
誰よりも相手のことを信じていて、
むしろ本人よりもその人のことを信じちゃっていて、
大きな愛で背中を押してくれるような素晴らしい人。

私はこのきむさんとの出会いからものすごく力をもらって、
嫌いだった自分のことを好きになることができたんです。


そんな私にとってみればものすごい人であるきむさんが、
「すごい人がいる。その名はやぶちゃん。」
と話していたんです。


なんだか人のことを誰よりも信じることができる人で、
なんなら病気も治せるとかなんとか。




なんだかよくわからないけど、
すごい人が「すごい!」という「やぶちゃん」とはいったい何者なの?



なんとなくそのとき

「やぶちゃんにいつか会ってみたいな」

なんて興味を持った私。




その思いはずっと心に秘めていたようで、
やぶちゃん合宿の案内などを見ては
「私もいつか行きたいな」
と思いつつも、
日程の都合がつかないなどの理由でこれまで諦めてきていました。


やぶちゃん合宿とは
長野県にある「みんなの家」にて年に数回行われているイベントで、
やぶちゃんと2日間一緒に過ごすことができるというもの。
やぶちゃん使い放題らしい。



でね、なかなか重い腰が上がらなかった理由の一つとしては
1泊2日で10万円という金額のハードル。



10万円。

なかなかのものです。



私にしてみればただ気になっていて
会いたいだけの気持ちで10万円。

このハードルは高かった。



でもなぜか今回「やぶちゃんに会いに行こう」
そう決めることができたんです。


6月頃に見たやぶちゃん合宿についてのきむさんのブログ。
感動のやぶちゃん 合宿 振り返り。 | 世界中に大丈夫だよって伝えたい

これを見てなんとなくですが、次こそは参加しよう。
と決めていました。




私はすっかり左脳系女子(笑)なので、
感覚とかそういった類のものを感じることが苦手。



しかしなぜかそのときはタイミングとして、

「私は今すごい人に会っておく方がいい。」

と感じていました。




「私が会える範囲にいるすごい人・・・やぶちゃんだな。」


と何だか知らないけど誰かに背中を押されるような気持ちで
やぶちゃん合宿に行くことに決めていました。



はじめはとりあえず合宿の日に休みをとることに決めて、
あといけるかいけないかはまた少しずつ考えていこう。

はじめはなんとなく軽い気持ちでそう決めていました。



そして日程が近づくにつれて合宿に行くために
現実問題をどうするかを考えなくてはなりません。



問題1
金銭的な問題。10万円をどこから捻出するのか。

問題2
6歳と2歳の子供はどうするのか。




これが私にとっては大きな問題でした。




問題1の金銭的なことは、
へそくりを切り崩そうかとも思っていましたが、
日々のお小遣いの中でプールしていたお金を合わせると
数万円少し足りないくらいでなんとかなりそうだということに。

足りない分は少しずつ返していこうということでとりあえず問題はクリア。



問題2子どもの問題。

子どもがいる方にはわかってもらえるとは思うのですが、

「子どもを置いての外泊。」

これがなかなかハードルが高いんです。




物理的にもそうなんですが、
精神的な面でのブロックがありました。

子ども置いて外泊することで周りから何と思われるのか・・・

ここですね。




私は上の子を妊娠してからというもの、
飲み会などで夜外出することはあっても外泊は未経験。

少なくとも7年は一人での外泊はしていません。




そんな私ですが、今回はなんとなくだけど行くことに決めてしまった。


・・・とりあえず、ダメもとで相談してみるか。




ということで、主人にさらっと
「行きたい合宿があって・・・」
と話してみたところ

「いいんじゃない?」

とあっさりOKをもらえたんです。


このときは金額の件は秘密でしたけど(笑)




あっさりOKだったことで
「え?」
と逆にこっちが驚きました。




食事や保育園の送迎とかそういった部分を
隣に住んでいる義母にも協力を得て、
物理的になんとかできそうだということがわかったら
特に問題もなかったみたいであっさりOK.


おしゃべり好きの義母が何て言うかはもうとりあえず知ったこっちゃない。
その問題は考えないことにして(笑)

主人からのOKが出たことで
なんとなく行こうと思っていたやぶちゃん合宿が

ついに
現実化することに!!!


というところで今日はこの辺で。
ここまで読んでいただきありがとうございました。