エニアとヒプノで自分を好きになる

自己肯定感が低かった二人の子供を持つワーキングママがエニアグラムとヒプノセラピーによって変化していくストーリー

エニアグラム的タイプ5の特徴:長所と短所

エニアグラムでは人は

本能・感情・思考の3つのグループのいずれかに分かれます。

 

そのグループの中でそれぞれ3つのタイプに分かれるので、

人は9つのタイプに分けられることになります。

 

今回は思考タイプの中の最も思考が強いタイプ5.

 

 思考の人。

 

いつも考えています(笑)

 

 

 

【タイプ5の長所】

 

冷静

知的・理性的

客観的

論理的

探求心旺盛

分析的

思慮深い

知識豊か

 

その場の状況や物事をよく観察する

分析、洞察力に優れている

感情に流されず、客観的なものの見方ができる

物事を筋道立てて考えることが得意

頭脳明晰

 

 

 

【タイプ5の短所】

 

冷淡

傍観者的になりやすい

頑固

行動力に欠ける

偏屈

融通が利かない

 

マイナス思考が強い

頭でシミュレーションして解決する

行動起こすことが苦手

 

安全でいたい気持ちが強く

自分に自信が持てない

そして心配性だから

自分の感情表現が苦手

物事をはっきり言うのが苦手

 

自分の知識が絶対であると思っている

疑心暗鬼、疑い深い

 

現実から離れて孤立。

知識や情報を蓄えることに専念する。

 

 

 

という特徴があります。

思考が強すぎて、たいていのことを頭の中で解決してしまいます。

なので、行動に移すことが苦手。

 

私もタイプ5なのでとてもわかります。

このブログを書き始めることですらなかなかはじめの一歩が出なかったです。

 

いつもぐるぐる頭を動かして、シミュレーションまではするんです。

 

こういうことをしてみたら面白いかな・・・

こういうことを試すのもいいかも・・・

で、結果何もしない(爆)

 

これじゃあ、何も変わりませんよね。

 

考えること自体は悪いことではありません。

でも、考えるだけでは現実は変わらないわけで。

 

思考の中のものを外に出す。

思考を行動で表すことで、頭の中の思考が現実として表われる。

 

思考の世界にとどまっていたら、その場でぐるぐる回っているだけで進まない。

 

そもそも人に伝えることも苦手なタイプなので、

人に話すこともあまり得意ではありません。

だから一人で完結しがち。

 

そこの壁を乗り越えて、人に考えを話してみるっていうのもいいですね。

 

話すことができないなら、今の時代ブログやSNSでもいいし。

 

何か、自分の考えを表現してみる。

これが、タイプ5の人が成長するための手がかりです。