エニアとヒプノで自分を好きになる

自己肯定感が低かった二人の子供を持つワーキングママがエニアグラムとヒプノセラピーによって変化していくストーリー

タイプ8の分裂

ストレスにさらされたときタイプ8は

自己主張的で対決的姿勢で挑むには限界があるので

タイプ8→タイプ5の方向へ分裂します。

 

事実上の葛藤から離れて、

時間を稼ぎながら、戦略を練り、力を集中しようとします。

 

このときのタイプ8は

状況を判断するために独りになります。

何時間も考え込み、本を読み、情報収集することもあります。

 

行動に戻る前に、考えを整理するための時間や空間、

プライバシーを確保しようとします。

 

また、遅くまで起きていて仕事をし、人を避け、

自分のしていることを隠そうとするかもしれません。

 

まるでタイプ5のように。

 

また、驚くほど静かで、気持ちが離れているかのように見えることもあります。

元々のタイプ8は、自己主張的で、情熱的な資質があるので、

周囲の人は普段の様子とのギャップに驚くことになります。

 

ストレスを感じていると、

タイプ5のように神経質になることも。

 

快適さやニーズを最小限に抑え、

自分自身のケアをおろそかにする傾向があるので、

不眠や不健全な食生活も珍しいことではありません。

 

また、拒否されたという感覚に陥ることで、

タイプ5のように人の考え方や価値観に対して軽蔑的になり、

冷笑的になることがあります。

 

不健全に陥ったタイプ8は、

人との結びつきを避け、

自分自身と世界に否定的で、

虚無感に襲われることになるでしょう。

 

普段、自己主張してくるタイプ8が

人と距離を置きだしたら注意信号ですね。

 

今日はここまでにします。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。