エニア+ヒプノ+αで豊かな未来を創造しよう@新潟

自己肯定感が低かったあの頃。エニアグラムやヒプノセラーを通じて大きく変わりました。豊かな未来へ向かって爆進中です。

実はまだ戦っていた!ダニ殲滅作戦その後


この夏我が家を恐怖の渦に陥れたものがあります。

それは


ダニ!!!



刺されたことがある人はわかると思うんですが、
他の虫刺されよりひどいかゆみ。

それがまた一週間ほどは続くという脅威。

この夏我が家ではダニが大量発生いたしまして、
私めがダニ軍団の猛攻を食らうという出来事がありました。

そのときの記事はこちら
kenkoumama.hatenadiary.jp




このときは一度に18か所もダニに刺され、
まさに地獄の日々でした。

恐ろしいダニに対抗すべく様々な方法を行いました。

今回は我が家が行ったダニ対策について紹介していこうと思います。


今日のメニュー

1、ベッド対策
①レイコップは何度もかけたけど意味はない
マットレスプロテクターシーツの購入

2、洋服ダンス対策
①タンスからの卒業






1、ベッド対策

①レイコップは何度もかけたけど特に意味はない

布団用の掃除機と言えばレイコップ!
ですが、じつはこれほとんどダニ対策にはなりません。

というのも、レイコップはダニを殺すのではなく、
ダニアレルギーの原因となるダニの死骸、フン、抜け殻を吸ってくれるもの。

ダニは高熱により死滅しますが、
レイコップの場合はダニを殺せるほどの熱は発生しません。

アレルゲンのためには有効ではありますが、
我が家の常に襲ってくるダニ対策としては効果なしと判断。

生きているダニにはそんなに意味はなさそうです。

そもそも案外ベッド全面をレイコップかけるのって面倒ですしね。
手間の割にはあまり効果は認められませんでした。





マットレスプロテクターシーツの購入

藁にもすがる思いで探しました。

どうしても気になるマットレスをガードできるもの。

そして行き着いたのが

ラクルフィット・マットレスプロテクタープレミアム。
Protect-A-Bedマットレスプロテクター
というもの。

なんと一枚5400円!!



けっこうな出費です。

高いだけあって
水蒸気は通すのに、
汗や血液など液体は通さないというなんともすごい仕組み。

もちろんダニも通さないんだそうです。


我が家にはまだ小さい子も一緒に寝ているので、
おねしょ対策としても使えるからということで購入しました。

もしおねしょをしてもマットレスが汚れないなんて嬉しいですよね。

あと、胃腸炎とかになった場合に嘔吐物からも守ってくれるし、
子持ちには嬉しいマットレスカバー。

今まで防水シーツをかけてはいましたが、
寝ている間に剥がれたりしていたので
今回のマットレスカバーでベッドをすっぽり覆えるのはありがたいです。




で、効果はどうかというと・・・


わかりません(笑)



というのも
結局家族みんなでベッドで寝ているのに、
被害にあうのは私一人。

ということでベッドが原因ではないと思われるためです。



それでもあのダニの恐怖を子供には絶対に味合わせたくないという母心。

万が一の可能性もつぶしておかなくては。

ということでできるだけの対策ということで、
ベッドのマットレス対策は万全の布陣。


これで今後もベッドに関しては安心です。





2、洋服ダンス対策

①タンスからの卒業

同じベッドで寝ているのに私一人がダニに襲われる事実。

そこから推測すると・・・
洋服が怪しいという結論に至りました。

ということで洋服ダンスをまずはなんとかしようということで、
はじめは1段ずつ中身を全部出して洗濯をしていきます。

何度か洗濯をしている間、
ふと気づきます。

タンスという空間内では通気性も悪く、
今仮にダニをやったとしてもまた発生する可能性が高いのでは・・・・


それはまずい。



知恵を振り絞ってタンス対策を考え、考え、考え。
至った結論。

そうだタンスをやめよう
でした(笑)

ちょうど我が家は壁一面クローゼット収納できるような造りをしており、
その中に実家から持ってきた洋服ダンスを入れ込んでいたんですね。

今思うとこれがそもそもの間違いだったのだな。


ですが、思い切って今回洋服ダンスを処分し、
中のものはすべてハンガーでつるす、つまりはクローゼット収納に変えることに。

小ぶりのハンガーラックと大量のハンガーを購入。
もともとついていたハンガーラックも生かすことで
大した出費もなく3000円くらいで
ウォークインクローゼット風の収納に早変わりしました。

これで通気性もよくなり、ダニ対策にもなる。

しかも洋服をたたまなくてよくなり、
服に折り目がつかない!

すぐ見えるから服も選びやすい。

いいことづくめ!

こうなるとなぜタンスにこだわっていたのか謎ですよね。



これでもうダニの脅威に怯えなくてよい。
平和が訪れる・・・



はずだったのですが、
実はまだそれだけではダニ軍団の猛攻は終わらなかったのです。



未だにダニにぽつぽつと刺され続ける日々。
しかも私だけ(笑)

早くダニの脅威から解放されたい。
それだけが私の願いです。

そして今回ダニ軍団との闘いの中で出会った仲間がいるので
次回はそれを紹介します。


ここまで読んでいただきありがとうございました。