エニア+ヒプノ+αで豊かな未来を創造しよう@新潟

自己肯定感が低かったあの頃。エニアグラムやヒプノセラーを通じて大きく変わりました。豊かな未来へ向かって爆進中です。

フルタイムワーママである私にいよいよ会社が牙をむく話。

らしさ輝く未来へ

エニアグラムマスター

ヒプノセラピスト

数秘&カラージュニアプレゼンター

そして2児の母

斐(あやる)です。

前回、
ワーキングママである私の現状を書きました。

記事はこちら
kenkoumama.hatenadiary.jp



幸い、事務職をさせてもらえたから
仕事が遅くなることもなく、

子どものお迎えも行けるし、
子どもたちと一緒に夕食も食べられます。

ですが、最近この生活が脅かされる可能性が出てきました。


上司から
なぜ復帰後は営業職にならずに
事務職になったか経緯を聞かれました。



実は今の会社の制度ですと、
営業職などの女性が妊娠した場合、
復帰後は「営業職に戻る」ことを条件に
一時的に事務職をさせる流れになっているそうなんです。

この「営業職に戻ることを条件に」というところがミソです。


私の時代は、
一人目を妊娠した7年前のことですが
復帰後は「パートになることも出来るし」なんてことを言われつつも、
結局はうやむやだったので、
産休に入る前には復帰後の仕事は何になるのかわからない。
そんな状況で産休に入りました。


なので、育休中も復帰後は営業に戻されるのかな・・・
なんて大きな不安を抱えつつ
ドキドキしながら復帰日に出勤したのを覚えています。


もしかしたら不規則な営業職に戻されるかもしれなかったですが、
たまたま運よく事務職で復帰させてもらえて、
しかもここまで事務職で継続させていただくことができた。


現在は人事部長が変わったとかで、
産休に入る前にはしっかりと復帰後の仕事の話をしておくこと
になったようです。

しかも、不規則な仕事への復帰を当然のように求める。

もはや今の時代に何を言っているのか意味が分かりません。



女性の社会進出が当たり前の時代。

しかも女性社員をたくさん入社させておいて、
子どもができても
元の仕事をするならいいよ。
って。

不規則な勤務、
土日にあまり休みを入れられない、
とかワーキングママにとって大きな問題は一切無視。

その問題を乗り越えられる人だけが働くことができる。

問題に対してのフォローはなし。



そしてもう一つの問題点としては、
もともと事務職の人は何にも問題なく事務職を続けることができる。

この点です。

職種によって待遇に格差があること。
とても不平等な感じがします。





そして、その流れで私も目をつけられているらしく、
なぜ営業職に戻らないのか
だいぶ上役の方から言われたそうです。

・・・名指しで。



うちの会社は社員だけで1000人近くの会社です。

その中で
名指しで私の名前を挙げて、
なぜ営業をしないのか。
なんて上役が言ってくる。



その上役は、
以前は同じ職場で働いていた1つ上の先輩なのですが、

その人は社長の息子!!

今やかなり上の方のお席におられます(笑)

出た出た。
家族経営あるあるですよね。



かなり上のお席にいる人ではありますが、
一緒に働いていたからこそ現場の状況などがわかっていて、
今の私の部署の社員の名前もほとんで覚えているわけですが。



その社長の息子である上役様のお考えでは
営業に戻れと言っているようなのです。

まだ直接上司からは具体的には言われていませんけど、
おそらくそういう流れになるな・・・と。





「ついにこの日が来たな。」

その話が出た時にそう感じました。

復帰してからのこの数年間。

いつ営業に戻るよう言われるか、
その心配は消えることはありませんでした。


そしてその心配が今や目の前に立ちはだかろうとしています。

今はまだ事情聴取されただけなので具体的な指示などはありません。

でもおそらくこれから動きがあるでしょう。

さて、これからどうなっていくでしょう。
乞うご期待です。

それでは今日はここまで。
ここまで読んでいただきありがとうございました。